くすりの手帳

患者様に処方されたお薬の名前や飲む量、飲み方、注意事項などの記録を残す手帳です。
医師や歯科医師、薬剤師に見せることで、どのような薬を飲んでいるか判ってもらえます。薬の重複、飲み合わせが防げます。

くすりの手帳はお持ちですか?

images お薬手帳

 くすりの手帳の役割

相互作用の防止(飲み合せチェック)

複数の医療機関にかかっている場合や複数の薬を処方されている場合などに、おくすり手帳を参照することで、新たに調剤された薬との悪い飲み合わせ(相互作用)がないかをチェックすることができます。

重複投与の防止

商品名は違いますが、同じ成分を含有する薬も少なくありません。

おくすり手帳を参照することで、別名同成分の薬も含めて重複投与されることを防ぎ、副作用防止・医療費適正化を図ります。

薬品アレルギー・副作用の防止

意識や記憶がはっきりしない時などにも、おくすり手帳を持参していれば、その内容からアレルギー歴のある薬品や副作用が出たことがある薬が投与されるリスクを回避することができます。

病歴・病状の推測

過去から現在までに処方・調剤された薬がまとめて分かるので、おくすり手帳の内容から、過去〜現在までに処方された薬から病状のおおまかな推測が出来ます。

 

Copyright(c) 2019 一般社団法人 八女筑後薬剤師会 All Rights Reserved.
先頭に戻る